スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失敗酵母+ミルククッキー

2009/11/12 00:00
先週に仕込んだ酵母は、カスタードアップル。
スーパーで見かけて味見をしたかったので買ってみました。

001_20091111232815.jpg


カットしてみると、中身は淡いカスタードクリームの色といった感じ。。

002_20091111232851.jpg

食感はじゃりじゃりした梨みたいで、味は梨をフルーティーにした感じです。


いつものように瓶に果肉と水道水を入れて様子をみました。

004_20091111232930.jpg

2日目くらいで温泉卵のようなにおいがしてきました。
以前育てた柿酵母と同じような進み具合です。
5日目には炭酸水のように泡も多く成功!


と思っていたのですが、5日目は外出のためパンにできず
6日目の朝フタを開けてみると、泡が消滅してました。
完全に死んでいる感じ・・・たった一日で何があったのだろうか?


結局パンはあきらめ、冷蔵庫の材料でクッキーを作ることに。
使い道のないスキムミルクの粉末がずっとあるのです。
レシピはクックパッドから。


007_20091111232602.jpg


もう何度も作っているし、シンプルな材料で簡単です。
クッキーを焼いているときのバターの香りがたまりません!


緑色の飲み物は、パンダンリーフティー。
タイの空港で買ってみたのですが、粉末で砂糖が入っているので甘かった。。
パンダンの葉だけのお茶で、砂糖が入っていなければもっといいのに!
スーパーで生のパンダンリーフを買って、乾燥させればお茶にできそう?
(だけれど、もう時間がない・・・)

スポンサーサイト

パッションフルーツ酵母

2009/05/03 02:20
今年に入って2回目の酵母はパッションフルーツです。

実は生のパッションフルーツを買うのは初めてでした。
いつもジュースを飲んでいたので、どんな形か知らなかったのですよ。

カットしてみたら、カエルの卵のような種でびっくり!
種のまわりは果肉のようなもので覆われているのですが
どうやって食べるのかわからず・・・
スプーンでジュースをすくって飲んでみました。


010_20090503021148.jpg



酵母のほうは、仕込んで2日目でも全く泡が出てこなかったので
今回は失敗かなと心配したのですが、3日目に出現。
5日目には元気に育ってくれました。


024_20090503021255.jpg


生地もよく膨らみ、ふかふかのパンが焼けました^^


010_20090503021325.jpg


シンガポールでは2番目によく焼けたと思うほど!
(1番目は定番のブドウです)

味もほんのりパッションフルーツの香りがしていい感じ・・・

実は今回、途中で長い昼寝をしてしまい、1次発酵を8時間くらいしてしまって。
もしかしたらそれがよかったのかも?!


ドラゴンフルーツ酵母

2008/09/16 20:52
仕込んでいたドラゴンフルーツの酵母でパンを焼きました。

ドラゴンフルーツ1個と水道水を入れて酵母液を作ります。
まずは1日目の写真
002_20080910232515.jpg

そしてパンを焼いた6日目の写真
001_20080916202612.jpg
密閉ビンを開けると泡がたくさんあがってきます。

毎日フタを開けてかき混ぜるのですが、4日目が1番泡だっていました。
この日にパンにすれば最適だったのでしょうか・・・
酵母液はお酢のような酸味が出ていました。

今回は、強力粉・・・300g、酵母液・・・1カップ、自然塩・・・小さじ1 でこねました。

ちょっと粘りが強かったので、少しづつ粉を足しました。
15分ほどこねて、タッパーで5時間寝かせます。
ちょっと生地がだれているような感じ・・・

その後、ひとつに丸めて1時間寝かせます。
オーブンで15分ほどで完成です。

015.jpg
巨大なプチパンになってしまいました。
大きいパンにこの形は似合わないですね。

レモンティーと一緒に朝ごはんに食べています。
007_20080916202846.jpg

今回はかなりもちっとして、パンというよりも新しいジャンルができた感じです 笑。

「いかに美味しいパンを焼くか」より
「どんな酵母ができるのか?」と実験感覚で楽しんでいます。
だから、人様に食べてもらえるようなパンはめったに焼けません 笑。

バターだけで食べましたが、シンプルな素材はおいしいです!
これならカロリーの高いジャムでもピーナッツでもたっぷりつけられますね。

トマト酵母

2008/05/19 21:01
今回は初の野菜酵母にチャレンジ。
カットしたトマトを水とともに密閉ビンにいれます。
001_20080519204421.jpg

果物と比べると発酵がゆるやかです。
いつものペースよりも大分遅いので、途中できび砂糖を追加してみました。

果物の時はだいたい4日で完成するのですが、今回は1週間ほどかかりました。
それでも泡はかなり小さく、発酵が弱い感じ。
001_20080519204452.jpg

味は酸味のあるトマトジュースという感じで、ドレッシングにも
使えそうだと思いました。

今回も、いつもと同じようなプチパンです。
材料は小麦粉、小麦胚芽、自然塩、黒砂糖、そして残り物の粉チーズ。
005_20080519204514.jpg

焼き色もあまりつかず・・・形もいつもと代わり映えせず・・・笑。
本当の目的は、この酵母でピザを作ることなんです^^
残りはピザとドレッシングにしようと思っています。


シンガポールでは今日は「べサク・デー」といってお釈迦様の誕生日を祝う祝日でした。
ローカルの仏教徒の人はお寺へお参りに行くそうです。

わが家も3連休だったのですが、夫が風邪をひいてダウン。
どこへも出かけず、ほとんど家で過ごす休日となりました。

今日のミニチュア作業はやすりかけです。
002_20080519204534.jpg

型取りしておいたお皿、飾りをルーターと紙ヤスリできれいに。
唯一コップだけが型ではなく、手で形を作りました。
いづれも使い道が決まっていないのでストックです。

バナナ酵母でケーキ

2008/05/04 23:52
第一弾はいつものようにパンを焼きました。

材料は小麦粉(1/6小麦胚芽)・・・300g
酵母液・・・1カップ
黒糖  ・・・大さじ2
自然塩・・・小さじ1

今回は間にバナナをはさんでみました。
001_20080504234140.jpg

ちょっと見た目には美味しくなさそう・・・
ですが、このバナナがカスタードのように甘くなかなか美味でした。

そして第二弾の今日、バナナケーキを作ってみました。

マクロビオティックのケーキレシピを応用しています。
「マクロビオティック」では動物性の材料や砂糖は一切使いません。

今回は液体のところを酵母液にし、甘さで使われているメープルシロップは
黒糖でアレンジしてみました。
砂糖を使った時点でマクロビではなくなってしまいますが 笑。

材料はシンプルに。

小麦粉(1/4小麦胚芽)・・・200g
酵母液・・・1カップ
オリーブ油・・・1/3カップ
ココア粉末・・・大さじ3
黒糖・・・大さじ2
自然塩・・・ひとつまみ

これらの材料をよく混ぜて一次発酵(6時間)
その後、生のバナナとクルミをトッピング。

180℃のオーブンで30分。
004_20080504234228.jpg

バナナの焼き色もバッチリ!
味は酵母液がアルコールのように発酵していたので
アルコールの効いたさっぱりケーキという感じでよかったです。

酵母はパン以外の応用もできそうで、実験が楽しみになってきました^^
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。